友達の輪をもっと広げよう > トップページ

友達からの進展

恋人募集と言って異性に近づくと、なんとなくがっついているイメージがついて回ります。しかし恋人募集をほんの少し言い換えてみると雰囲気はガラッと変わるでしょう。

会ったばかりの人にいきなり恋人になってくださいと頼んでみても、大体の場合で不審そうな顔を向けられます。では合コンなどの席にいたとして、友達になろうと気さくに連絡先を交換する場合はどうでしょう。趣味が合いそうな人と一緒に何かをしたいだとか、食べ物の好みが似ている人をいいお店に連れて行ってあげたいだとか、そういった友人同士のコミュニケーションであれば若干ハードルは下がるはずです。恋人という名目ではなく、友人として交流をしていきたいと伝えられた場合、警戒心の強さは格段に下がってくるのです。

元々気さくに遊べる友達がほしいという人ももちろんいるでしょう。しかし仲良く過ごしているうちに、いつの間にか付き合いだしていたという男女は日常の中で頻繁に目にします。恋人がほしいと思っていながら、まずは敢えて友人としての仲を深めるのも有効な手段です。お互いのことをある程度分かり合ってきたところで、実は好きだったと思いを告げた方が少なくとも警戒はされません。

現実に直接会って話す相手はもちろんのこと、これは出会いアプリなどのコミュニケーションツールの上でも役に立ちます。人と人との出会いの場をアプリによって提供されても、実際に出会いに至るまでの道のりはその人の力量次第です。あまりにも切羽詰って出会いを求めている人がいたとすると、アプリの上でも若干とっつきにくい印象を受けてしまうことはないでしょうか。

いくらスマホのアプリといっても、画面越しの出会いの場が人と人との繋がりになることは変わりありません。友達からと言って穏やかに対話を求めている相手に、どんな人なのだろうと興味を抱いてしまう人も少なくはないでしょう。直接会っているわけではない相手だからこそ、そこには安心感も芽生えます。出会いに焦りは禁物です。ゆっくり丁寧に、人柄の良さをアピールできるとよいでしょう。